<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

池袋で人形劇まつり

今年も「池袋いけいけ人形劇まつり」がやってきます。
入場料800円(前売)で丸一日 人形劇が見放題のイベントです。
私は去年見に行きましたが とても楽しいイベントでした。
興味のある方、子育て中のお母さんには特におススメ!!

30前後の団体がいくつかの部屋に分かれて上演するので
行かれる方は事前に公式サイトでプログラムを見て計画を立ててから行くといいですよ~。

人形劇の上演だけでなく 実際に人形を作ってみたりも出来るので
幼稚園児~小学生まで楽しめます。(材料費別)

「池袋いけいけ人形劇まつり」
日時 2005年 6月26日(日) 10:00~16:00
会場 コア・いけぶくろ(豊島区民センター)
入場料 前売:800円 当日:900円 ファミリーチケット(3人分)2,000円 ※前売のみ
問い合せ・電話予約 としま みらい・チケットセンター (03)3590-5321
※チケットは、3才から有料

関連記事:いけいけ池袋 ~人形劇まつり~


面白かったらクリックしてください
[PR]
by m_m_k | 2005-06-22 15:04 | 近場の話

リベンジ 演劇祭の審査員に応募!

今年も池袋演劇祭の審査員募集が始まってます。
30前後の劇団の公演が9月にあり、その審査員を一般から公募するのです。
当然 審査員になれば その公演を観なくちゃいけません。
っていうか、ただでお芝居が観られるんだよ~。
興味のある方、申し込まない手はないですよ~。

あたしも もちろん今年も応募するぞ~~~!
…って9月じゃ丁度臨月じゃん!
無理だ~( ´Д`)がっくり~~~

第17回池袋演劇祭 審査員募集案内
◇期間…9月1日(木曜日)~30日(金曜日)
◇条件…18歳以上で事務局が指定する4~5公演を鑑賞できる方
※指定公演のほかに数公演の無料鑑賞券が貰えるんだって!
◇問合せ-池袋演劇祭事務局 電話03-3985-0960
締め切りは往復はがきで7月1日必着(詳しくは御問合せしてね)


面白かったらクリックしてください
[PR]
by m_m_k | 2005-06-15 11:59 | 近場の話

唐組 第35回公演「鉛の兵隊」を観たよ

暑いですね~。
雨は降らないけど 湿度高くて不快だわぁ。

昨日はそんな中 テントの中で上演される 劇団唐組の芝居を観て来ました。
会場は鬼子母神境内。
唐組は 年に2回ほどやってきては 境内に大きな赤いテントを張ってお芝居を上演しています。
あたしもいつかみたいなと思いつつ 何回も見逃してきましたが、もうすぐ子供が生まれるし、そうなるとますます出掛けるのに制限が出来ちゃうから 今のうちにってことで思い立って観て来ました。

そんなわけで、当日券を求めて午後1時過ぎに受付テントに行くと もう立見席しかないという盛況っぷり。
全然余裕で入れるだろうとたかをくくっていました。ごめんなさい。人気なのね~。
立ち見は辛いので 諦めようと思ったのですが、あたしが妊婦だと見抜いた受付嬢は総責任者(?)に相談して椅子席を確保してくれたのです。ありがたや~。

夜になり、改めて鬼子母神に行くと既に凄い人!
関係者さん達にまぎれて待っていると 今日は特別お客さんが多いと言ってました。
テントに入ると、300人程のお客さんがシートの上に体育座りでひしめき合っていました。
既にテント内は 人いきれでむっとしてます。
これで お芝居が始まったら照明と役者さんの熱演で更に温度が上がるんだろうな。
唐組観劇は秋の方がおススメかも。

舞台は客席からわずか4,50cmくらい高くなったところで、一列目のお客さんは正にかぶりつきって感じでした。
演出上、水を掛ける場面があるのだけど、なんと一列目のお客さんにはあらかじめ透明ビニールシートで水を防ぐように支持されていたみたいです。
テントならではの豪快さですね~。

芝居自体は夢の中の話のように ころころと登場人物の関心事が変わっていくので、頭の中で整理しながら観るのがちょっと疲れたかな。
台詞もちょっと、日本文学っぽくって馴染みにくかったし…。
けど、役者登場時や見せ場で「ぃよ!待ってました!」みたいな掛け声が掛かるので、それがなんとも昔ながらの芝居小屋みたいで楽しかったよ。

唐ファン(唐組公認ファンサイト)


面白かったらクリックしてください
[PR]
by m_m_k | 2005-06-13 09:45 | 見どころ

唐組の紅テント

a0033193_701716.jpg

また鬼子母神に唐組の紅テントがやって来ました。
子供が生まれると、お芝居なんて見られなくなってしまうから、これがラストチャンス?って事で観てきます!

関連記事:2004-10-31 唐組の紅テント

面白かったらクリックしてください
[PR]
by m_m_k | 2005-06-12 18:34 | 雑司が谷的日常

雑司が谷で出会った通りすがりさん (改訂)

◆予言するおばさん◆

先日 オークラへ買い物に行く途中、同じ方向へ向かうご近所のおばさん(初対面)から声をかけられました。
おばさんは あたしのキューピーみたいなおなかを見て
「男の子か女の子かもう分かってるの?」
「いいえ、聞かないようにしてるんですよ」
と答えると
「そのおなかの出っ張り具合だと 男の子よ! 間違いないわ!」
と断言されてしまいました。
「そ、そうですか。じゃぁ男の子の名前を考えないと」
「残念そうね。でも男の子よ。おなかを見れば分かるんだから」
自身ありげに予言するおばさん。
果たして当たってるかなぁ?
ベビタンが生まれてくるのが楽しみです。

おばさんはとはオークラまで一緒に歩いていたのですが、
その間にもう一つ 興味深い話を聞きました。
鬼子母神西参道商店街の沿いのあるお宅で ダックスフンドのマリンちゃんといつも仲良く お風呂に入る光景を見せてくれていたネコちゃん(名前未確認)が
どうやら連れ去られたらしいとのことです。
ネコなのに鎖につながれてて ちょっとかわいそうだなと 思ったこともありましたが
犬とネコが一緒に仲良くしている光景がかわいらしいので そのうちに こちらでも紹介しようと思っていたのだけど…残念です。


◆水虫のおじさん◆

ちょっと前のことですが、iwa旦那と鬼子母神前駅で都電を待っているときに出会ったおじさんの話。
iwa旦那は水虫もちで 「また水虫できちゃった」とかをホームで話していたら、ベンチに座っていたおじさんがニコニコしながら
「にいちゃん、あんたも水虫かい?」
と話しかけてきました。
「俺も長年水虫なんだが とっておきの治療方法があるんだよ」
と、仲間を見つけて嬉しそう。
iwa旦那はというと、ちょっと戸惑ってるみたいなんだけど おじさんは気にしないで こう言いました。
「水虫には 歯磨き粉(?)がいいんだよ。俺はいつもデンターライオンだ。」
「え? 歯磨きですか?」
「そうそう、あれを毎日塗ると キレーに治るぞ。騙されたと思ってやってみろよ」
そういうとおじさんはニカッと笑ったのでした。

iwa旦那は親切なおじさんの情報を 騙されたと思ってやってみるわけでもなく、毎日お風呂でキレイに洗ってますが、まだ治ってない模様…。
まぁ、あのおじさんの言うことが正しいのなら おじさん自身長年水虫に悩まされることもないだろうにね。


◆他人の恨みを晴らす女◆

これは iwa旦那の目撃情報なのですが、うちの近所を歩いてる時に 時どき遭遇する女性の話です。
普通の女性なのだそうですが、 首からメッセージボードをぶら下げていて、そこには「あなたの恨みを晴らします」とか 書いてあるのだそうです。
あたしも iwa旦那と歩いているときに あの人だよと 教えてもらったんだけど、あたしの目が悪いのと、その女性の歩きが早いので いつも見逃してしまい まだそのメッセージボードをみたことがありません。

けど、そんな恨み代行業みたいなことをする人が 本当にいるなんて。
しかも、どうどうと宣伝して歩いてるなんてビックリです。


雑司が谷にはいい人がおおいけど、中には怪しい人もいたりで面白いですね。
でも、宣伝方法が このIT時代にしては いかにも直接的で そこがまた雑司が谷らしいな~なんて思いました。


面白かったらクリックしてください
[PR]
by m_m_k | 2005-06-12 11:02 | 雑司が谷的日常

やきとり 母屋

以前から美味しいと評判を聞いていたので いつか行ってみたいと思っていたのですが、
なかなか機会がなく 紹介できずにいた焼き鳥屋さん「母屋」に ようやく行って来ました~!

お店の雰囲気は、古くて小ぢんまりとした居心地のいい感じ。
席数も20席ちょっとくらいなもので、早めに行かないとすぐ満席になってしまいます。
私たちも 19時ちょっと前に行ったのですが、席はほぼ埋まっていました。

テーブル席に案内されて まずはビール!
…とウーロン茶(←悲しい)。
続いて、レバーに背肝(腎臓)&キュウリのお新香が運ばれてきました。
レバーと背肝は表面だけをあぶったレア仕上げ!
新鮮じゃないと出来ない技です。全然臭みもなく、トロ~っとした食感が最高でした!

それから薩摩軍鶏のたたき、正肉、ナンコツ、首肉…とかいろいろ続きます。
どれも肉自体の味がしっかりしてて とてもうま~~~い!!

途中で 新規ご来店のお客さんのために相席になったのですが、そのお客さんが座るなりタバコを吸い出しました。
それを見て、店員のお姉さんが スッと近寄って来て「煙、大丈夫ですか?席を移りますか?」と声を掛けてくれました。
その気転の良さに感動~。

ご好意に甘えることにして 移った先は、焼き場の正面のカウンター。
配膳のために 出来るだけ使わない席のようですが、カウンター好きのミミコにとっては超ラッキーです。
料理人さんの 炭の手入れや串焼きの焼き方、塩の振り方を見ながら楽しくお食事出来ました。
a0033193_14144031.jpga0033193_1415794.jpg










iwa旦那は途中から日本酒に切り替えたのですが、後でネットで調べたら、オリジナル山廃純米酒「母家」1杯サービスクーポン券を発見してしまいました。
最近はこういうの多いですから、お店に行く前に 事前のチェックを怠ってはいけないなぁ…と思った倹約主婦ミミコでした。


母屋(おもや)
住所 豊島区南池袋1-12-6母家ビル1F
TEL 03-5950-0377
営業時間 [月~金]朝11:30~昼1:30,夕方5:00~夜11:00(LO夜10:30)
     [土祝]朝11:30~昼2:00,夕方4:00~夜10:00(LO夜9:30)
休日 日曜日
※池袋西武地下お惣菜コーナーにも出展してます。


面白かったらクリックしてください
[PR]
by m_m_k | 2005-06-08 10:11 | 美味しい話