雑司が谷で出会った通りすがりさん (改訂)

◆予言するおばさん◆

先日 オークラへ買い物に行く途中、同じ方向へ向かうご近所のおばさん(初対面)から声をかけられました。
おばさんは あたしのキューピーみたいなおなかを見て
「男の子か女の子かもう分かってるの?」
「いいえ、聞かないようにしてるんですよ」
と答えると
「そのおなかの出っ張り具合だと 男の子よ! 間違いないわ!」
と断言されてしまいました。
「そ、そうですか。じゃぁ男の子の名前を考えないと」
「残念そうね。でも男の子よ。おなかを見れば分かるんだから」
自身ありげに予言するおばさん。
果たして当たってるかなぁ?
ベビタンが生まれてくるのが楽しみです。

おばさんはとはオークラまで一緒に歩いていたのですが、
その間にもう一つ 興味深い話を聞きました。
鬼子母神西参道商店街の沿いのあるお宅で ダックスフンドのマリンちゃんといつも仲良く お風呂に入る光景を見せてくれていたネコちゃん(名前未確認)が
どうやら連れ去られたらしいとのことです。
ネコなのに鎖につながれてて ちょっとかわいそうだなと 思ったこともありましたが
犬とネコが一緒に仲良くしている光景がかわいらしいので そのうちに こちらでも紹介しようと思っていたのだけど…残念です。


◆水虫のおじさん◆

ちょっと前のことですが、iwa旦那と鬼子母神前駅で都電を待っているときに出会ったおじさんの話。
iwa旦那は水虫もちで 「また水虫できちゃった」とかをホームで話していたら、ベンチに座っていたおじさんがニコニコしながら
「にいちゃん、あんたも水虫かい?」
と話しかけてきました。
「俺も長年水虫なんだが とっておきの治療方法があるんだよ」
と、仲間を見つけて嬉しそう。
iwa旦那はというと、ちょっと戸惑ってるみたいなんだけど おじさんは気にしないで こう言いました。
「水虫には 歯磨き粉(?)がいいんだよ。俺はいつもデンターライオンだ。」
「え? 歯磨きですか?」
「そうそう、あれを毎日塗ると キレーに治るぞ。騙されたと思ってやってみろよ」
そういうとおじさんはニカッと笑ったのでした。

iwa旦那は親切なおじさんの情報を 騙されたと思ってやってみるわけでもなく、毎日お風呂でキレイに洗ってますが、まだ治ってない模様…。
まぁ、あのおじさんの言うことが正しいのなら おじさん自身長年水虫に悩まされることもないだろうにね。


◆他人の恨みを晴らす女◆

これは iwa旦那の目撃情報なのですが、うちの近所を歩いてる時に 時どき遭遇する女性の話です。
普通の女性なのだそうですが、 首からメッセージボードをぶら下げていて、そこには「あなたの恨みを晴らします」とか 書いてあるのだそうです。
あたしも iwa旦那と歩いているときに あの人だよと 教えてもらったんだけど、あたしの目が悪いのと、その女性の歩きが早いので いつも見逃してしまい まだそのメッセージボードをみたことがありません。

けど、そんな恨み代行業みたいなことをする人が 本当にいるなんて。
しかも、どうどうと宣伝して歩いてるなんてビックリです。


雑司が谷にはいい人がおおいけど、中には怪しい人もいたりで面白いですね。
でも、宣伝方法が このIT時代にしては いかにも直接的で そこがまた雑司が谷らしいな~なんて思いました。


面白かったらクリックしてください
[PR]
by m_m_k | 2005-06-12 11:02 | 雑司が谷的日常
<< 唐組の紅テント やきとり 母屋 >>