平成の「かざぐるま」で雑司が谷ルネサンス を見てきました



先日ご紹介した目白アート・プロジェクトに、昨日やっと行ってきました。
って言っても全部見たわけじゃなくて、すぐ近くの鬼子母神会場だけなのですけど。

一応目玉っぽい 巨大かざぐるま花壇(?)は、お団子屋「大黒堂」のすぐそばにありました。
a0033193_13374.jpg

雑司が谷のかざぐるまをモチーフに 植木鉢(?)を逆さにして並べ、その間にちょこちょこッと花が植えられていたのですが…。
TBを貼ってくださったFoureyesさんも書いてましたが「中学校の美術部の卒業制作」という言葉に納得してしまうような そんな印象。

他に境内の片隅にある 集会所の一室では、ドロ人形のクマ(謎)や、レコードプレーヤーをロクロに見立ててグリースの5重の塔がグルグル回ったりしてました。
a0033193_1165673.jpg

偽プーさん?

a0033193_1171861.jpg

ぐるぐる~~~


作品を回したままの展示のアイディアは面白いのだけど、ただ床に並べただけって感じで、ちょっと見せると言う意欲が足りないのかな…と思ってしまいました。
もうちょっと何か、たとえば 作品のタイトルと素材を表記したパネルを用意するとか、そういう工夫が欲しかったですね。

…と、鬼子母神展示場の 悪口ばかり書いてしまいましたが、何人かいらっしゃったボランティアスタッフの方たちはとても親切で好印象を受けました。
きっと地域を活性化させたい情熱をたくさん持っている方達なのでしょう。
このイベントも何回か積み重ねることによって きっと地域に根付くステキなイベントになるのではないかな~、とそんな予感を感じさせてくれました。

関連記事:目白通りアート・プロジェクト


面白かったらクリックしてください
[PR]
by m_m_k | 2005-05-29 23:21 | 見どころ
<< やきとり 母屋 イケてる池田さん >>