鬼子母神のふたつの売店

11月下旬になり、鬼子母神の大銀杏も色づいてきました。
もう随分前からギンナンが落ちていて 踏み潰されると独特な匂いが漂うのですが、それもあと少しで終りそうです。

今日は鬼子母神にある売店の紹介。
境内には 昔からある駄菓子屋の「上川口屋」があります。
お店は200年以上も続いていて、現在のおかみさんは13代目だそうです。

a0033193_17551196.jpg


今までは上川口屋一軒だけだった売店ですが、先日の御会式以来 建ってる小屋がありまして、いつも閉まってるのですが どうやら日曜日だけ そこでお団子を売りはじめたそうです。
今日は午前中から出かける用事があったので3時半頃に覗いてみたら、すでに完売…。
お店の人に聞くと、11:00にオープンするとすぐに行列になり あっという間に完売してしまうそうです。
無いとなると無性に食べたくなるもので、来週は開店時間を狙って買いに行ってみようと思います。

ちなみに お団子は日暮里のお店から持ってくるそうで、生醤油のと あんこの2種類があるそうです。(消費税込み231円)

関連記事
団子や待ち
ぎんなんいっぱい落ちてます!
復活! 鬼子母神のおせんだんご

面白かったらクリックしてください
[PR]
by m_m_k | 2004-11-28 18:06 | 見どころ
<< 庶民の味方 100円ショップ誕生 酉の市 (三の酉) >>